即日や当日もOK!急な引越しに対応してくれる引越し業者の探し方

▼今すぐ即日引越し対応業者を探すならこちら

急な引越しをしたい。その理由はいろいろあると思います。

  • ストーカーされていて、一刻でも早く違う家に住みたい!
  • 会社で突然転勤を言い渡されたので、すぐに引越しをしなければならない!
  • 親が倒れてしまい、両親の家の近くに引っ越したい

このような状況で引越しを考えるとき、どのように「引越し業者」を探せばいいのでしょうか。
時間がない中で一社ずつ問い合わせをしなければならないのでしょうか。
それにはかなり時間がかかりますし、問い合わせする手間も発生します。

実は一社ずつ引越し業者に問い合わせをしなくても、とても簡単に緊急の引越しを引き受けてくれる業者を探すことができます。
その方法は「引越し業者一括資料請求」です。
このシステムを使えば、あなたは1回だけ問い合わせをすることで、希望日に引越しを引き受けてくれる業者が連絡をくれます。
連絡を待っている間は、ダンボールに荷物を詰めたり、引越しの準備をすることができます。

>>無料一括見積もりサイトはこちら

引越しの準備をする時間ももったいない!少しでも早く引越ししたい!

そういう方は引越し業者が荷造りをしてくれるプランを選ぶといいでしょう。
引越し業者がダンボールに荷物を梱包してくれます。あなたも一緒に手伝うことになりますが、プロが手伝ってくれるのでとても早く荷造りができます。

この日に引越ししたい!引越し業者一括資料請求で希望日に引越し

引越し業者を探す際には、多くの引越し業者から見積もりを取り、その結果をよく検討してどの業者に任せるか決定するということは、今では常識になっています。
一括資料請求は、このように多くの会社から見積もりをとって、一番安い会社はどこなのか、自分のこだわりや印象が良い業者はどこなのかなどを検討するためにとても有効な手段です。
とても簡単に各社の見積もりを取得できますから、その中から条件に合致してあなたが気に入った引越し業者に依頼するとよいでしょう。

一括請求の申し込み欄には引越し希望日を登録できます。
そこに本日や明日、明後日などと具体的な日付を指定すると、その日に対応できる引越し業者がすぐに連絡をくれます。
そのため、こちらから電話して予定が埋まっていると断られることがありません。
一社ずつ電話をして空きのある業者を見つけることはとても手間のかかる作業です。
一括請求を利用すればこのような無駄な作業省略することができます。
あなたが希望した日に対応できる業者のみが連絡をくれるので、すぐに引越ししたい人にはとても便利なシステムです。
業者側も迅速に対応してくれるので、早い場合は申し込みをしてから5分程度で連絡がくることもあります。

逆に都合のつかない業者は連絡をしてきません。
すぐに引越しをしたいあなたと、空きを埋めたい業者の双方にとっていろいろな手間がかからなくなり、お互いにメリットのあるシステムです。

引越し業者一括資料請求では、引越し日だけでなくあなたの引越しにベストマッチする業者を探すこともできます。

単身者の引越しプランは、各社ともそれぞれ料金体系を設定しています。
多くの場合はとてもリーズナブルでわかりやすい料金体系です。
しかし、その基準は各社ごとに異なっているので単純に比較して判断することはおすすめしません。
一括請求で各社に同条件での見積もりをしてもらい、比較することが大切です。

例えば同一距離、同一荷物量で見積もりを依頼したとしても、エレベーターの有無や荷物の梱包サービス、トラックの横付け可否といった周辺環境、アンテナの着脱などのオプションなどによって料金は各社で異なります。
一括請求では各社に同一条件で見積もりを依頼します。
そのため、あなたの都合に一番合っている業者を探すことが可能なのです。

荷物が少ない単身者の引越しは、小回りが利いて短時間に終わることが多いために低価格で引き受ける業者も存在します。
引越し業者としても荷物の多いファミリータイプの引越しでは長時間拘束されますが、単身者の引越しでは荷物が少ないので、短時間で終わらせて次の現場に向かうことができるというメリットがあります。

明日引越ししたい、急に引越ししなければならない。

そのような状況の場合、対応してくれる業者を探すだけで精一杯となり、条件や金額まで十分検討できないことが多くなります。
しかし、一括請求をすることで急な引越しとは言え自分の条件に合う業者や、より安い見積もりを出してくれる業者を選ぶことができます。

一社ずつ電話をしていればなかなか見つけられないかもしれませんが、スケジュールの空いている業者はいるものです。
急な引越しをしたい人がいるのと反対に、急に引越しをキャンセルする人もいるのですから。
そして各社の見積もりを比較しないで引越し業者を決めることはとてももったいないことです。
比較してみないとその見積が高いのか安いのか判断できません。
急な引越しであっても引越し費用を少しでも抑えることができるのです。

引っ越し手配を忘れてた!準備が終わらない!

緊急で引っ越し業者を手配したい、深夜でも対応している業者を探したい、そんな時もありますよね。
そんな時の確実な対処方法を説明したいと思います。

覚えておくべきは最低5つのこと。

まずは1つめ。引越し業者の最速手配方法です。

結局これが一番重要ですよね。
これに関しては、こちらの無料一括見積もりサイトから即日対応可能な引っ越し業者に一括見積もりを依頼できます。

>>無料一括見積もりサイトはこちら

無料なのでとりあえず依頼してしまっても損をすることはないです。
当日の引っ越しだと料金がバカ高い業者もありますので、なるべくたくさんの業者の見積もり金額を比べてしっかり判断しましょう。
また、時間がなくても親身になってくれる引越し業者を選択しましょう。
あまりにも多くの業者とやりとりするのは時間がかかってしまうので、気になる3社から4社に絞って交渉することをおすすめします。

次に2つめ。今住んでいるお部屋の解約に関する連絡。

会社の社宅や寮に住んでいるのであれば会社の総務に手続き方法を確認しましょう。
ご自分で借りている物件であればまずは大家さんか仲介の不動産屋に連絡が必要です。1ヶ月前に通知するのが通例ですが、そんなに日にちに余裕がない場合は1日でも早く連絡をしましょう。翌月分まで請求されることがほとんどですが、場合によっては免除してくれることもあります。
また、できれば現状確認には立会いたいものです。時間がなくて現状確認に立ち会えない場合、あまり親身でない大家さんや不動産屋の場合、修繕費を必要以上にとられてしまう可能性があるので要注意です。

3つめは電気・ガス・水道の解約。

まずは電話で引越しを伝えます。通常は退去の日(電気・水道・ガスを使わなくなる日)に家まで担当者が訪問して日割りで精算することになります。

4つめは役所への転居届です。

これを忘れてしまうと引っ越したあとに以前住んでいた所の役所まで行かなければいけなくなりますので、これは絶対に忘れないでください。

5つめは電話・インターネットの移転手続き

契約している通信会社に電話かインターネットで移転の手続きをしましょう。
インターネットを使っている人は転居する先の開通状況も把握する必要があります。
場所によってはネット環境がなく、インターネット回線を新たに引く必要がある場合は2週間から1ヶ月かかることも稀ではありません。

急な転勤などですぐに引越しをしなければいけない時、あまりにも時間がないため何からすればいいのかわからなくなってしまいがちです。
この5つ以外にも細々としたことはありますが、とりあえずここを抑えておけば後のことは引っ越した後でも対応ができます。

時間がない中でもスマートでお得に引越しができるように心がけたいものですね。

>>無料一括見積もりサイトはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ