大家さんの都合での急な引越し(3日後)

まわりの都合で急な引越しということは誰にでも起こりえるものです。
例えば、親の仕事の都合や、大家さんの都合、土地開発の都合もあります。
私も、ご多分にもれず大家さんの都合で引越しをすることになりました。

しかも3日後です。
引っ越し先は、大家さんの都合ということもあり、そこから30分のアパートを紹介され決まったものの、何せ時間がありません。
3日のうち2日は仕事で朝から夜まで帰れないので、最終日に、荷造りも引越しもしなくてはいけない状況です。頭が白くなる暇もなく、その日は夜中まで荷物を整理しました。

次の日は、仕事帰りに荷物を詰めるダンボール収集です。
いつも通っているスーパーにいき、分けてもらえました。
3往復して、8枚のダンボールを運び昨日整理した荷物をいれて時計をみると12時。
まだ整理もされずに残っている荷物を横目にその日は作業をやめました。

翌日は、帰宅後ご飯をたべて整理を始めました。捨てるか持っていくか迷うものがいっぱいで、中々整理できないんです。
この際だから、思い切って捨てようと大処分すると、荷物もダンボール5箱ですみました。
部屋も片付き、思ったよりはかどった引越し作業でしたが、一ヶ月後、処分しなきゃよかったと後悔するものが次々でてきて、やっぱり時間がなくても考えながら荷物整理しないとダメですね。

もし時間がなければ、極力処分は避けて引っ越し後に整理しても遅くないと思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ