明日、明後日に引越ししたい!引越し業者を選ぶポイントとは?

明日や明後日という急な引越しを引き受けてくれる業者を探す際にも、引越し業者一括見積もりを利用すれば簡単に対応できる業者を探すことができます。
引越し希望日の2日前や3日前という場合でも、一括見積もりをすれば複数の業者から見積が出てきます。
その見積もり内容を検討、比較して選ぶことができます。

>>無料一括見積もりサイトはこちら

引越し当日に業者を探す際も一括見積もりを利用できますが、その場合は値段やサービスよりも、どうしても「対応してくれるかどうか」を優先しなければなりません。
しかし、明日や明後日の引越しの場合は、多少の時間的余裕があるため、こちらの都合を盛り込む余裕が出てきます。

しっかり交渉して有利な条件で引越し!

明日や明後日の引越しを一括見積もりし、見積もりを提示してくる業者は当日引越しの場合よりも多くなるでしょう。
数日の猶予ですが引越し業者側はスケジュールの空き時間を提示したり、もともとのスケジュールを組み直してくれる場合もあります。
私は翌日の引越しについて一括見積もりを利用しましたが、10社に依頼を出し、そのうち7社から見積もりを提示されました。

期間に余裕のない引越しの場合は、つい引越しの日時を最優先にしてしまってそのほかの都合やサービスについてあまり検討せずに業者を決めてしまう人が多いのではないでしょうか。
もちろん、当日引越しの場合はそのような制約が大きくなってしまいますが、2日前や3日前の場合はまだ時間的余裕があります。
しっかりと複数の業者から見積もりを受け取って、値段やサービス面で交渉することができます。業者によってダンボールや養生などのサービスは異なってきますから、しっかりと交渉して少しでも有利に引越しをしましょう。

引越し業者と値段交渉する際のポイント

引越し業者を選ぶ際には各社の見積もりを取り寄せて比較し、自分の都合や条件に一番合致する業者を探すことが重要です。
そして選んだ業者よりも安い見積もりを提示している業者があれば、値段交渉を行いましょう。
ただし、あまり強気な態度に出てしまうと交渉がスムーズに進まなくなってしまいますから、穏やかに「尋ねる」という気持ちで臨みましょう。
一例を上げると、「御社に依頼したいのですが、この業者の見積額も気になります。御社の見積額がもう少し下がると決めやすいのですが…」や「見積額は同じ程度ですが、こちらの業者はダンボールや養生のサービスをしてくれるそうです。御社も対応していただけますか?」など、比較した業者を出しながら差異について交渉することがポイントです。

値段やサービス以外の注意点

急な引越しを引き受ける業者側は、スケジュールの合間で対応することが多いです。
そのため、こちらが提示した着手時間ではなく、例えば30分や1時間遅い時間で打診してくることもあります。
このような打診を受けた場合は注意が必要です。
なぜなら、あなたの引越しの前にほかの人の引越し作業を行って、そのあとにあなたの元に到着できる最短時間を提示している可能性があるからです。
つまり、直前の引越が時間通りにスムーズに終わったと仮定した時間を提示されているのです。
現実的には多くの引越しの場合は予定時間よりも長くなることがほとんどです。
もちろん業者側もある程度は見越して時間を提示しているのでしょうが、それ以上に遅れる可能性がないとは言えません。
特に引越し開始時間を午後に設定している場合、引越し業者は朝から作業しているので、あなたの前に1件とは言わず2件の引越しをスケジュールしていることもあります。
時間通りに進んでくれれば何の問題もありませんが、1件目の遅れは2件目、3件目に影響します。
また、2件目よりも3件目の方がより遅れの影響が大きくなるものです。
引越しの時間が遅くなると、その後の新居への搬入や引越しの片付けに影響します。
スムーズな引越しを目指すのであれば、できるだけ初めから希望時間通りに作業できると提示してくれる業者を選ぶようにしましょう。

>>無料一括見積もりサイトはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ